読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

chuuuさんと胸元

日記

ウイルスに冒された男子生徒は燃えるような身体を引きずって
なんとか体育館裏へたどり着いた、
そんな彼を救うため少女は 怪魚 に身を変え
彼の へそ から身体の内へ飛び込む。
彼の身体を泳ぐうちにようやく見つけたウイルス。
それを ゴクリ と一飲みし出口を探す。
しかしいくら探しても出口である へそ はもう見つからなかった。


男子生徒の身体でいつまでも泳ぎ続ける女。
憧れの彼と一緒になれたという嬉しさ、放課後廊下の虚無感。


、やがて男子生徒は死んでしまうのであった、
しかし彼女は男の中で生き続けていた。
三十四年間。


体育館裏の胸元は、まだ汗ばんだまま。